中のマットをクリスマスカラーではなく、青にしたところがこだわりです。定番のカラーである赤バージョンも作成しましたが、おとなしめなカラーがお勧めでした。マットはこの写真の青・赤・水色の三色用意しました。