最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スクラップ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

行ってきました 親睦会

先日書いた母親の飲み会、実は今日でして今帰宅しました。場所は我が家のすぐ前のつぼ八でした。18:30~の飲み会が結局23:00まで… 宴会時間が過ぎてもそのまま全員が居座り、こうなりました。

飲み会がどうかとは思いますが、それぞれお母さん方の考え方や、これからの家庭学習はどうするとか、塾はどこがいいとか、新しい情報をたくさん交換しましたよ。学校に対する思いや教師に対する思い。

中学受験や習い事や共働きについてなど、普段聞けない年齢や環境下の方々と交流するのも参考になります。でも、飲み会じゃなくてもいいよねぇ。

こうやって子供の情報を交換して、改めて自分の育児について考えさせられるきっかけになりましたわ。

「好き嫌いはダメ」

先ほど遅い夕飯を家族そろって、びっくりドンキーで済ませてきました

ドンキーといえば、○○バーグディッシュをよくオーダーしますが、そのサラダには必ずミニトマトが乗っていますよね。私はその大のミニトマト嫌いです

私が嫌いなせいで、我が家の食卓やお弁当にはミニトマトがほとんど登場しません。お弁当に至っては、まるで飾り状態で、決して食しません。なのでいっくんやちーくんもまず食べませんね。

ところが、ちーくんが、私のお皿にミニトマトだけ残っていることに気付き、「お母さん、ミニトマト嫌いなの?」と質問。

ここで【嫌い】というべきか【苦手】というべきか…

数秒の間をおき、ちーくんが「ボクが食べてあげるから大丈夫だよ」と

そんなちーくんももちろん苦手。5歳のちーくんがかつてミニトマトを食べた姿を一度も見たことがありません。それなのに、まるで平気な顔をして、食べようとするのです。でも、まずはトマトのまわりのマヨネーズを数回ナメナメし、意を決して食べました。

平気を装い、頑張って食べたのです。そして一言「お母さん、好き嫌いはダメだよ。僕と頑張ろう!」だったのです。

また子供によい学びのきっかけを貰いました

母親の飲み会って必要?

世間じゃもう常識らしいのですが、近日いっくんの小学校のお母さん方の集まりで、『親睦会』と称して、居酒屋での飲み会が催されます。

これって必要なの?って思い、職場のママ友たちに質問してみると、今の時代はこれが常識だってさと返事。普段、職場の飲み会や友人たちと飲みに行くことはありますが、なぜ、学校関係のお母さんたちと飲み会する必要があるのかなぁ。

どうやら主旨としては、【4月になればクラス替えもあるし、今のうちに他クラスのお母さんたちとも顔見知りになっておきましょう】というものだそうです。

でも、そうしないと親同士の関係ッテ図れないものなんでしょうか?こんなの無くたって、それは大人なんですから、必要に応じて動けるものでしょ

そんなことにPTA会費が使われるなら、クラス単位でのレクリエーションのほうが、子供も参加できて楽しめると思います。

居酒屋だから、もちろん夜ですよ。いくら土曜の夜だからって子供を預けて集まってまでやる意義がわからん

私みたいなのは少数意見なのかなぁ

祝!100記事目

このブログを立ち上げて100記事目にあたるこの記事には、今日の出来事を書きますね。

それは、札幌の知る人ぞ知る某書店で、『中学生はこれを読め』という特集をやっていたんですが、今度その書店や、北海道書店組合からアンケートが届きました。内容は予想がつくと思いますが、『小学生はこれを読め』という特集をやるので、推薦本を教えてほしいという内容でした。

私はいっくんの通う小学校の図書館ボランティアをしています。その流れでこのアンケートは届きました。でも、図書館のボランティアみなさんが本当にこのアンケートに記載できるほど、お勧めの本を読んでいるのでしょうか?

私自身、冬休みの推薦図書とか、そういうのをみては子供に本と出会うきっかけ作りをしていますが、正直なところ、ボランティア活動はそこそこ忙しく、新着図書すべてに目を通せるものではないいですし、ましてや一般のお母さんがいいなぁと思う本が、本当に子供にとって勧めるべき本なのでしょうか?

たしかに、薦めがあると参考になるのは事実ですが、それはあくまでもわずかなきっかけですよね。子供が自ら本を手に取る、本を選ぶ力を私は本来の姿だと思っています。

大人目線で薦めるより、子供が読みたい、またはおもしろかった・また読みたくなる本ランキングを知って、今の子供たちの動向を知るほうがまだ参考になります。

読書離れがそうさせるんだと思いますが、これはどうしても書店の客集めに思えてしまいます。私が偏っているのかなぁ

まぁ記念すべき100記事目がこんな真面目な内容になってしまいましたが、そろそろスクラップブッキングも新作を作りたくなってきましたので、また後日

心機一転 異動です

昨年から、ウワサされていた私の異動ですが、正式に3/1付けで決定しました!しかーし、異動先はなんと、私がかつて新人時代に過ごした病棟です

上司からは『今までの知識や技術を生かせる最良の場所でしょ』と笑顔で言われちゃいました。まぁ確かに経験した診療科の部署ですからね…。

でも、どこに行ってもやるべきことは同じだしね 新しい環境が待ってるかと思うとワクワクです

そうそう昨日は家族そろって映画鑑賞会でございました。ハリーポッター死の秘宝partⅠをまぁ子連れですから吹き替えで見てまいりました。ハリーポッターは家族みんながファンなので、共通で楽しむことができますね。でも、今までは本を読破してから観賞していたのが、とうとう読書なくして映画パターンになってしまいました。これはヤバイ

そうそう先日自宅で独りDVD観賞をしたんですが、『パーフェクトブルー』というこれまた宮部みゆきさんの小説を映画化したものですよ。原作読まずして、はたしていいのだろうか。

本も映像もとどちらも確かめたいわたしです。

539の奇跡

新年になって一層怠けたわたくしですが、今日からちーくんが幼稚園スタートし、明日からいっくんは始業式です。わたくしも、今日から復帰してみました。

さっそくですが、『539の奇跡』と私が勝手に命名したのですが、実はこれ、夢のような正夢の話なんですよ

12月に三日間続けて、ストーリーこそ違っても、それぞれの夢に「539」という数字が出てきていたんですよ。例えば初日に見たものは、合格発表を見に行って掲示板で539を探すという内容だったとか…。とにかく気になって家族に話していたら、「ナンバーズでも当たっているかもよ」とよっちゃんに言われたり、ちょうど新車購入時だったので、新車のナンバーがこれなのかなぁとか家族で話してたら、なんと、職場の忘年会でニンテンドーDSiが当たりましたもちもん抽選番号は『539』こりぁ驚きますよね

というわけで、今晩もその新品のDSiで「二の国」を楽しんでいるわたくしです

あけましておめでとうございます

2011年明けましておめでとうございます!

明けて早々に私はこれから夜勤でございます。よっちゃんは元旦からもちろんお仕事です。忙しい我が家ですが、それでも昨夜は紅白歌合戦を見て、ゆく年くる年を見て0:00になったとともに、「明けましておめでとうございます!」とあいさつ致しました。

ちーくんは20:00には就寝し、いっくんは「年越しまで起きてるんだ」と意気込んでいましたが、残り25分のところで撃沈し

しかし!ちーくんがいきなりリビングに登場し、なんと弟がしっかり年越し致しました来年こそはとリベンジを誓ういっくんです。

昨日はひたすら大掃除で、床拭き&ワックスがけに4時間費やし、おせち料理作りを手伝うどころではありませんでした。嫁業をすっかりおさぼりしてしまいましたが、新年は、頑張ってスクラップブッキングにも気合いれて取り組もうと思っております

まずは、出勤してまいります。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »