最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スクラップ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

明日はお泊まり会

明日は、町内会の子ども会主催のお泊まり会です。私はこのお泊まり会の役員を担当しています。ご飯の準備やら、ゲームの内容やら、会議を行い明日に備えています。

私の子供のころはお泊まり会といえば、「肝試し」がつきものだったけど、今のご時世では安全管理の問題から、困難なようですわ

どたばたどうなることやら、今から準備して明日に備えまーす

芸術の森にGO!

004 今日はママ友のゆきえちゃんとトミーとそれぞれ子連れで芸術の森に行ってきました。小2の男の子3人・年長&年中の男の子2人・3歳の女の子1人というちびっこ総勢6人を引き連れて久しぶりの屋外遊びにみんな向かう車内ですでにハイテンション

002駐車場につくやいなや誰か一人が走り出したら、全員が同じような感じで…

ここ数日はジメジメした日が続いていたので、夏休みだというのになかなか元気に外で遊べなかったから、とてもいい気分転換です。

おまけに現在芸術の森では『スタジオジブリのレイアウト展』が開催されており、全員で芸術鑑賞となりました

そうそう最後に野外美術館のそばで、カナブン?をいっくんが発見しました。これがカナブンなのかは不明ですが、子供たちは嬉しそうにしてましたよ。

楽しい一日でした。またみんなで出かけようね

025

『らぽーる青空紙芝居』本番!

今日はらぽーる主催『青空紙芝居』当日でした!

私は、縁日の商品すべてのPOPづくりと、駄菓子の売り子担当でした。おまけに生徒に配ったプログラム作成とポスターも担当しましたよ。

去年はお客さんでしたが、今年は主催側の立場で頑張りました。

13:00~縁日スタートにも関わらず、30分前には売り場に子供たちが並び始めて、子供たちへのこの行事の定着度を感じちゃいました

いざスタートすると、子供の多さに驚き、校長先生はじめ、たくさんの先生・ボランティアさんの協力で、350人ほどの参加だったそうです

就学前の小さなおこさんも来てくれて、屋外で大きな紙芝居を見るという日常とは違うイベントの楽しさを知りました。

来年はどうなるか、楽しみです

歯が…

昨夜の夕食で、イカを食べていたら、突如口の中に堅い石が?

よく見ると、自分の奥歯のつめモノでした

明日からのスケジュールを考えると、しばらくは歯科受診できないと焦りまくり知ってる歯科数件の診察券をかたっぱしから見て、診療時間を確かめていると、すでに時刻は20:00近く。やばい、やばい

「私の行ってるとこは21:00までだったよ」と天の声。そうナイスアドバイスをくれたのはお姑さん

しかもその歯科は快く引き受けてくれましたよ。とりあえず助かったぁいまの時代はどこでも予約優先なのに、ほんとラッキーでした。しばらく歯科通いですぅ。

今シーズン 初花火

今日も勤務で19:00すぎに帰宅。

いっくんとちーくんは「お母さんと食べるから待ってた。」と夕食を食べずに待っててくれていました。早々に切り上げ、約束の花火を玄関先でやりました。

ホントなら、昨日やるはずだったけど、帰りが遅かったため延期にしていたんですぅ。

昨夜は帰宅するなり、「お母さんが遅いから、ボク悲しかったよ」「花火、お母さんと約束したのにぃ」と号泣したいっくんですが、今日は満足気です。

こんなふうにストレートに感情表現してくれるのは何歳までかなぁ。泣かせてしまったけど、こんないっくんを見れるのも、母親特権ですよね

おまけに明日19日はちーくんの5歳のバースデーです

明日は何をしようかなぁ。

セイコーマートのソフトクリーム

今日も札幌は暑い暑い

仕事中も汗だくで、昼休みにふとアイスクリームが食べたくなってしまい、職場の病院の売店へ。売店っていっても、セイコーマート(以下セイコマ)なんですけどね。

セイコマのオリジナルソフトアイス食べた事ありますか?これが今日初めて私も食べてみたけど、なかなかいけるおまけに、普通のソフトアイスより、1.5倍くらいの量に感じました。

私はチョコ味を食べましたが、恐るべしセイコマ。職場の売店だからってもう見飽きるほど商品はみてるのに、またしても新たな発見でした

らぽーる 青空紙芝居

手稲東小学校の開放図書館らぽーるでは、7/23(金)13:00~『青空紙芝居』が行われます。

もちろん私も企画から参加してます

これは文字通り屋外で大型紙芝居や、大型絵本など、ボランティアさんや校長先生はじめ先生方が一緒に公演します

縁日も合わせて行うので、子供たちは大はしゃぎになります。

今年は新作大型紙芝居『龍の谷』や昔ながらの『黄金バット』など、盛りだくさんの内容です。私は、縁日の売り子と、おたよりの作成を担当してます。本番晴れるといいなぁ

066 067

ふたたび知床ばなし

先日の知床旅行の熱冷めやらぬ我が家です。思い出の写真を眺めては、「天気がよかったらもっと楽しめたのにねぇ。」「熊さんに会いたかったぁ。」「もう一泊したかったねぇ。」などどいう感じ…

天気には残念ながら恵まれず曇り→雨という具合でした。しかし、それでも知床遊覧船オーロラ号にのり、カムイワッカの滝や象岩を見たりと自然を満喫しました。改めて『北海道に住んでてよかったぁ。』と思いましたよ。010 生まれも育ちも北海道の私でも、感動する自然に、『これは大切にしなきゃ。』と思わせる迫力が、知床にはありましたね。

私は、【生粋の乗り物酔い】ですが、それでも、遊覧船の揺れを感じつつも、十分楽しめました。

そうそう、昨今の観光地はどこに行っても、アジア系の団体客に遭遇してしまい、知床も同様に考えていましたが、さほどでもなく、それがまた楽しめた一つの理由かもしれませんね。けっして差別ではなく、日常から離れた非日常を味わうためでもある観光&温泉は、やはり日本語のなかで過ごすと落ち着きますよね 最近の家族旅行で訪れた場所は、外国語が飛び交う中での旅行が多かったので…

そうそう鹿さんにも遭遇しました。もっとたくさんの鹿さんに会えると思っていましたが、知床横断道路で、知床峠をウトロ側から羅臼に向かう途中で、すくそばで発見私も家族も大興奮でしたよ。040鹿さんには何度かお会いしましたねぇ。楽しい思い出ありがとう

また来てね

7/2~帰省していたお義姉さんも明日帰宅します。こころなしかお姑さんも今晩はさみしそうです。先日の知床旅行は、ホテルに満足したせいか、本日もまだ余韻に浸っています。

「また家族で行きたいね」

そう言ってもらえたことが、嫁としてもうれしい限りです

お嫁にきて、いつも時折感じることは…『家族愛』です。

家族を気遣うさりげない言葉が、ストレートに感動します。そんなとき、ここの家の嫁になって、家族になってよかったなと感じます。

「またいつか家族そろって知床に来たいね」

お義姉さんの存在を通して一層、家族のあたたかさを実感した10日間でした

マルスコイ万歳!

7/10~1泊2日で知床家族旅行に行ってきました

私といっくん&ちーくんは人生初の知床でした。札幌から6~7時間はかかったねぇ。でも途中下車も多く、オホーツク側の道の駅スタンプを張り切って押してきましたよ

知床についてあいにくの曇り空だったけど、イクラ丼を食べたり、遊覧船に乗りカムイワッカの滝を見たりと、そこそこ満喫してきました。知床横断道路で、鹿さんを間近で見ることができて、大興奮でした

そしていよいよ宿泊先に到着。『知床第一ホテル』の西館特別室に7名で宿泊しました。

この部屋がとっても広い広い。有り余るスペースに驚きで、さらに凄かったのは、バイキングの『マルスコイ』ですわ。いったい何品あるんだ?っていうくらいの品数に北海道ならではの食材に、家族全員が大満足そしてなによりおいしい!

おまけにホテルのスタッフさんのホスピタリティーが凄い!笑顔も自然で、もてなされてるっていう感じが随所に感じられ、これまた大満足でした。

帰路の車中でも何度も「今までの家族旅行のなかで一番良かったホテルだね」と全員一致の感想でした。

三人衆in小樽

昨日は、義姉さんのリクエストで小樽に行ってきました。お姑さんとW美樹の三人で。

お目当ては、義姉さんが「皮製品のお店に行きたいの」と言うため、てっきりソメスサドルのことかと思いきや、小樽にも有名な皮製品の店があるらしく、堺通にあるというため、さっそく行ってきました

義姉さんはだんなさまへのお土産にお財布を購入していました。なかなか使い勝手のよさそうな品で、へぇ~

それから定番の北一ガラスやオルゴール堂をめぐり、海鮮丼を食べ、ルタオでチーズケーキを購入し帰宅です。

オルゴール堂に初めて行ったのは、高校生の時で、だんなさまのよっちゃんにデートで連れてきてもらったのが、最初です。懐かしい思い出です001 002 003

個人懇談スタート

いっくんの学校の個人懇談がスタートしました。我が家は14日の予定です。

いっくんのことだから、言われそうなことは予想できますが、少しでもいっくんのいいところを担任が発見してくれていたら、親心としても嬉しいんだけどなぁ

しかーし昨日、いっくんの幼馴染であるSくんの個人懇談の際に、『授業中にいっくんとSくんが、バカとか死ねとか書いた手紙をまわしていました』と担任から言われたと聞きました。

これは、想定外さっそく、二人にお説教したわけですよ

14日は何を言われることやら…

W美樹

本日義姉さんが帰省しました。

我が家はだんなさまの両親と二世帯住宅のため、義姉さんの帰省先=実家は我が家の1Fになるわけです

我が家の恒例メニューの『手巻きずし』を夕食に食べ、これまた恒例の幽霊談義を行い初日は終了です。

そんな義理姉さんの名前も美樹さんで、私とは同姓同名でございます。

久しぶりの『W美樹』が妙に嬉しい夜でした

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »